「[book]単純性/最節約性の哲学的なぞかけ。」(『リリカの仮綴じ〆』2004-03-20)

http://d.hatena.ne.jp/Ririka/20040320#p1
http://web.archive.org/web/20040724202944/http://d.hatena.ne.jp/Ririka/20040320

蒼樹書房廃業の知らせも後押しして、少し背伸びして、エリオット・ソーバー『過去を復元する:最節約原理・進化論・推論』 ISBN:478913055X を注文。まだまにあうかなぁ。

「日本語版への序文」に書かれた問題提起にとても惹かれたからだ。科学理論の妥当性の基準として、単純性(simplicity)や最節約性(parsimony)が求められるのはなぜだろうか…。ね、わくわくするテーマでしょ。

元気がなくなってくると読む『リリカの仮綴じ〆』。


『過去を復元する』(エリオット・ソーバー)ISBN:9784326101948 を読むのが中断していたんだけど、読んでみようかな。

仕事をきちんとやる人が好きですよ

A:仕事をきちんとやる人が好きです。
B:そうなんですか。
A:「仕事」と「きちんと」の定義は別途行います。
B:それって何も言っていないのと同じような。
A:好きになった人をみて、「仕事」と「きちんと」の範囲を考えているかもです。
B:ふーん。ところで、よくわかんないけど、自分の事を嫌いなの?
A:全面的に好きになれないけど、全面的に嫌いというわけでもないかな。