国立国会図書館で見てきたもの

9月20日は国会図書館でいろいろ調べていた。(参考→ 「国立国会図書館オフ会」 http://d.hatena.ne.jp/sib1977/20140909/p1 結局一人で行ったんですけどね)
例えば…。

・・・

押川正毅,二国徹郎,大沢明,田中秀数:
磁気励起の「粒子もどき」マグノンでボース・アインシュタイン凝縮が起こった;
サイアス 2000年12月号26ページ.

デジタル化された資料を見ることができた。実は見たことがなかったのでした。ちゃんと読む余裕は無かったので、次回以降。

・・・


『反強磁性体 ―応用への展開―』 (マグネティクス・ライブラリー 3)(深道和明、日本磁気学会(編集))

反強磁性体 ―応用への展開― (マグネティクス・ライブラリー 3)

反強磁性体 ―応用への展開― (マグネティクス・ライブラリー 3)

私の興味ではないかな。


・・・


他にもいろいろ調べました。D論とか報告書とかをもっと見たかったんだけど、当日は体調不良だったので、あんまり見ることができなかったんですよね。10月にもう一度くらい行きたいな。
あと、D論は、関西の方にあるみたい。登録して取り寄せてもらう必要があるかな。