『乙嫁語り 6』(森薫)

面白いのではないかと。